HOME>オススメ情報>得意先企業に喜ばれるカレンダーを選ぶことが大切

販促ツールとしての役割がある

カレンダー

名入れカレンダーは会社名が記載されているのが特長で、企業が年末の挨拶回りのときに粗品として得意先に持参するものです。カレンダーは業務や生活する上で欠かせないもので、しかも一年間毎日目にするという特徴があります。名入れカレンダーは企業名を得意先にアピールできるということが一番のメリットになります。企業名だけでなく、新商品やサービスの情報も印刷すれば、より販促効果の高いアイテムになり、自社の企業価値を高めることにもつながります。名入れカレンダーはデザインやサイズのバリエーションが豊富であることもメリットのひとつです。配布先の企業の規模やイメージによってデザインやサイズを選ぶことで、使用してくれる確率が高くなります。

壁掛けタイプや卓上タイプがある

名入れカレンダーはさまざまな種類があり、大きく分けて壁掛けタイプと卓上タイプがあります。壁掛けタイプは事務所など広いスペースに設置されることが多く、来客者にも目に止まりやすいのが特徴です。卓上タイプはデスクや受付など、狭いスペースにも置けるのが特徴です。卓上タイプはリングで製本されたタイプやプラスチックタイプなどがあり、リングタイプはリング部分が環境に配慮したエコ素材で作られたものもあります。プラスチックタイプは組立式やCDケースタイプがあり、丈夫で傷みにくいという特徴があります。

豊富なデザインが魅力

名入れカレンダーはデザインも豊富にあり、配布する先方の性別や世代に応じてデザインを選ぶことができます。絵柄や写真が印刷されていない文字月表タイプは、スケジュールやちょっとしたメモを書き込むのに最適で、シンプルで機能性を重視したタイプです。大安や仏滅といった六曜が印刷されたタイプは、業務上六曜を意識する企業の方には必要不可欠です。また、美しい風景写真や四季の花を印刷したタイプは幅広い世代の方から支持されています。

広告募集中